So-net無料ブログ作成

デジャヴ 観てきました。 [映画]

試写会が当たったので、観てきました。

いきなりフェリー爆発。
主人公はATF。FBIと協力して捜査に当たるってお話。

しっかし、タイトルがデジャヴがあまりに活かされていない・・・。
爆発後の女性を見た瞬間にデジャヴに襲われるって言ってるけど、
そうとは感じられなかった。
SFとしてもサスペンスとしても中程という感想です。

ただ、スピード感、カメラワーク、豪華俳優陣の迫真の演技は一見の価値あります!
単発で切り替えられるフレームに付いていくのは大変ですが、とってもドキドキさせられました。
残虐な犯人はめちゃ怖かったし、被害者の女性クレア(ポーラ・パットン)の殺害直前の反抗するシーンとかホントに怖かったよー。

ネタバレしそうなんでこの辺にしておきますが、
ところでATFってなんだか知ってますか?
FBIと同じ連邦の法執行機関で主に火災や爆発事件を調査する機関なんだって。
前知識がなかったので、最後まで気になりつつもどかしかった(^^;


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画 イルマーレ観て来ました。 [映画]

マイカルシネマ15周年記念で、1200円チケット2枚とポップコーンSプレゼントがお目当て♪
話題作ってことで、いつか観たいと思っていた一作。

さいしょ、設定が不明で分からない映画かも。失敗したーと思いましたが、
途中から、生きている時間が2年ずれていることが発覚。なるほど・・・。

彼女は医者。彼は建築家。

彼と彼女は同じ家にいて、ポストで繋がっている。
彼が手紙を書くと彼女のポストに届く仕組み。
ずれている時間は、まるまる2年・・・。

興味深い設定です。
2年前ってところがまた。クリアに思いだせることもあるだろうけど、ややおぼろげ。
これが1年とか、10年でないところが、すごくよい。
もし10年ずれてたら、どちらかが恋愛対象年齢から外れちゃうかもしれないものね。

彼女にとっては明日でも、
彼にとっては、2年後+明日。
町一番のステキなレストラン、イルマーレの予約は(2年前の彼によって)取ってありました。
でも彼は来ない・・・。

待たされる気持ちもよく分かるけど、待っている間に考えないかな。
普通は、2年の間っていろいろある。否、いろいろあり得る。
彼女がいない人に彼女ができたり、引っ越したり、もしかしたら死んじゃったり。

彼女にはそんな余裕なくもう手紙は書かないでと突き放します。
そんなあるバレンタインデーの日に、母と他愛もない会話をしながら目にした事故のことを思い出します。それが彼だということを知った彼女は、ポストまで一直線に走ります。

で。感動の最後。
この辺りはきっと書かない方がよいよね。

なので別のことを書こうと思う。

みなとみらい。
イルミネーション。ほんとにキレイ。夏でも冬でもキラキラしていて、最先端都会っぽい。
内海の波もキラキラ。10時までやっている遊園地。デートには最適。
そして、この映画。涙を誘わずにいられますか?
スペシャルコースですよー♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

ユナイテッド93 試写会に行ってきました。 [映画]

911からまだそんなに経っていないこの次期の、頭に鮮明な画像があるうちに、
こういう映画を見ておきたいと思った。
日本では考えられない信念や宗教が、外国においてはそれが全ての人がいるということは
普段忘れがちだし、目にすることもないけれど、それは確実に存在するってことを
忘れちゃ行けない気がしたから。

国内便でのんびりゆったり空の旅、出張の人もいれば、久しぶりに家族に会いに行く人、
のんびりバカンスを楽しみに行く人、ハイジャックなんて昔の話というのが当たり前になっている世界で、
あり得ない事態に遭遇したってことになる。

そういう絶望感がすごくよく伝わってきたし、そんな中でも、
どうせ死を迎えるなら、とテロリストに立ち向かおうって言い出した人の精神が
すごいと思った。
自分が同じ立場になったらできるのか?(--;
そればっかり考えてしまいました。

でも大切なものを守るには少なくとも自分が強くなくてはならないということ。
えぇと、強くなるのは精神的にも肉体的にもってことで。
この手の作品を観る度に何かやってみようかな~と思うんだー。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

夢駆ける馬ドリーマ [映画]

試写会に行ってみました。

予告からなんとなく話が読めそうな話だと思って期待していなかったけれど、
ここまで思い通りだと逆に気分がいい!

主人公の女の子、どっかで見たな~と思ったら「アイアムサム」のファニングちゃん!
「アイアムサム」の時はただただ、可愛い~!って感じだったけど、
今回のファニングちゃんを見て、しっかりしたなーと思った。
小さいのに、やっぱり演技の天才だなーと思いました。ホント可愛い。
競馬場のシーンとか、臨場感+迫力満点。すっごい顔してたけどね(笑)

話は思い通りなので、割愛。
映画の内容如何よりも、アメリカの家庭ってこんななんかなーと、懐の広さに感銘を受けました。
まぁ、全部の家庭が同じようにしているとは到底思えないけど。
この両親にしてこの子あり、という納得。
大人になると段々怖がりになるのかもね、とヘンに荒んで見てる自分が面白かった。

それにしても、どの大人も子供を子供扱いしない、
そういうスタンスが柔軟な工夫のできる子を育てるんだなーと思いました。
日本じゃなかなか見られないよう家庭。結構理想かも。

あとは、レキシントンの広大な牧場。あ~馬に乗りに行きたい~!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。